ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

ドイツ人と日本人の反応の違い

今回地震・原発事故が起きてからというもの、会う友人会う友人みな口をそろえて、「家族は日本から離れた方がいいのではないか?」と言ってくる。
ドイツはチェルノブイリによる苦い経験があるからか、また原発問題がドイツでもホットイシューだからなのか、原発に対する関心が大きいように思う。ドイツの報道もかなり厳しく過激で、中には日本はすでに死のゾーンだというような一面も目にしたりした。それゆえ、多くのドイツ人は「自分ならすぐ逃げる」と感じているようだ。

一方日本の報道はそれに比べると、パニック防止を意識している部分もあるだろうが、抑え気味。
そういうこともあってか、多くの日本人はあまりパニックにならず、情報を何とか把握して、落ち着いて見極めようと努力しているように見える。
そんな姿を見て、多くのドイツ人から「今回日本の人々がとても落ち着いていることにビックリし、感心した」と言われた。もちろん中には、「とはいえ、日本の報道は抑え過ぎていて、真実が伝えられていないからではないか」とか「日本の人々は落ち着き過ぎていて、最悪の事態が起きるのを受身で待っているようにも見える」ということを言っている知人もいた。

わが母は、「一番辛い状況にある東北の人々が、家族や友人が見つからなかったり、色々な事情で脱出することもできないのに、東京に住んでいる私たちが東京や日本を離れるなんて、失礼だ!」と言っていた話をすると、私の友人の一人は「ドイツ人ならやっぱりパニックというか騒ぎ立てて、そんな風には考えられないような気がする。日本人はそうしたメンタリティーを誇りに思っていい。私たちドイツ人が学ばなくてはいけないことだ」と言っていた。

日本人は何かと集団で行動する。何事もそうであるように、良い面と悪い面がある。
今回の災害では、一致団結して乗り越えよう!という日本人の気質が感じられる。もちろん買占めとか個人を優先している部分も出ているけれど、ドイツ人から見れば、個人個人の意思や判断よりも、どちらかといえば他の人が残っているのに自分だけ逃げることはできないといった集団気質が良く働いているように見えるのかなと思う。
[PR]
by nakazawamlibra | 2011-03-22 07:12 | 暮らし全般
<< 世界初!フェアトレード認証ゴー... 東北地方太平洋沖地震 >>


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧