ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

「おかあしゃん」「おとしゃん」

言葉が出るのが少し遅めの我が息子。
1歳5カ月のころから、1ヶ月に1単語のペースで増えていたのが、2才の誕生日を迎えてから、いよいよ花咲きだした。

私は両親を「お父さん」「お母さん」と呼んできたので、やはり自分もそのように呼ばれたいと思い、息子と話す時は「お母さんは・・」と自分のことを呼び続けていた。
だが、周りのドイツ人の友達はもちろんのこと、多くの日本人が「ママ」を使っているので、ご多分にもれず息子も10月頃から突如「ママ」と私を呼び出したのだ。

本当は「お母さん」って呼んでほしいなぁと思っていたが、やはり「ママ」は簡単ですからね・・・。
と思っていたら、先週息子と話していて、「傘(かさ)」が言えるようになっていたので、「はっ!!!」として、「”かさ”が言えるなら、”おかあさん”だって言えるんじゃない?」と促してみると、

「おかあしゃん」

と一言!
傍から見れば大した話じゃないのは分かっているが、何だかようやくちゃんと私のことを呼んでくれたような感覚がして、予想以上に嬉しいものでした。
息子も、今まで言えないと思っていたものが言えたので、大興奮して、何度も何度も「おかあしゃん、おかあしゃん」とつぶやいたり、大声で「おかあしゃーん!!!」と叫んでみたり。

その数日後には、それまで「トート」だった夫のことも、「おとしゃん」と言えるように。
しばらく我々二人は、そう呼ばれるたびに、何だかとっても幸せな気持ちになっているのだった。

b0176220_6524143.jpg


息子はこの1カ月の間に1日1-2単語は新しい言葉を覚え、その瞬間瞬間がとても面白い。
日本にいたら、息子が1歳になった頃に職場復帰していたが、縁あって妊娠と夫のドイツ赴任の話が偶然にも同じ日に発覚し、仕事を辞めてドイツで育児中心の生活を送ることになった。
今となっては、そういう流れで踏ん切りがついて、この2年間息子の「新しい瞬間」をほぼ見逃さずに来られたことが本当に良かったなぁと思う。何しろ、その瞬間瞬間に何かをつかんだ息子の表情や反応が喜びに満ちているからだ。

もちろん、細々とでも自分のテーマであるフェアトレードに関わったりすることは、自分が自分であるために必要不可欠なのだけれど、やはり子育てって面白いなぁと改めて思う。
[PR]
by nakazawamlibra | 2011-02-27 06:58 | 子育て
<< 東北地方太平洋沖地震 謝らないサービス産業 >>


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧