ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「お値段は、お客様が決めてください」

とにかく雨の多いドイツ。
そんな雨の日に子供と遊びに行くとしたら・・・
ということで、この街のお母さんたちの口から時々聞く、屋内の遊び場"Sand und Sinne"に行った。

外から見ると、なんでもないカフェのような店なのだが、中に入ると奥が広く、様々なオモチャや砂場がある。そして、その横にカフェがあり、お母さんたちはコーヒーでも飲みながら、子供は遊びに集中。
b0176220_542919.jpg

b0176220_5422974.jpg


コーヒーのほか、パンやブレーツェル、ハム、チーズなどがあり、自由に取ってよい。
そして、お会計は最後の最後、そこを出るときに払う。
ここの入場料は3.50ユーロ。この日、私はラテ・マッキアート、パン1つ、ハム&チーズ1切れづつを食べたので、「全部でお会計はいくらかなぁ~」などと思いながら、店長さんの前に行った。
すると・・・

「入場料は3.50ユーロ。残りは、お客様が決めてください」
そう来ると思っていなかったので、とっさに思考が止まる。
私の前に並んでいたドイツ人ママが、6ユーロと言っていたのが頭の中でよみがえる。
ということで、つい6ユーロと言ってしまった。
しかし後からよーく考えると、もう少し多いのがフェアだったな・・・と思ったり。
こういうことは、しっかり自分の頭で考えなくっちゃなぁ。

そういや、この間雑誌で、とある銀座の超有名な寿司屋では、10万円以上という値段だけが決まっており、「後はお客様が決めてください」というシステムだと書いてあった。
これとは値段のレベルは全く違うが、急に自分が決めるということになると、なかなかフェアな値段というものを決めるのは難しいものだ。
原料だけじゃなくて、サービスや準備などに対してお金を払うと言うことだから。
それに加えて、例えば自分の言った値段を店員や周りの人がどう思うかとか、そういう邪念も入ってくるし。

そう考えると、例えば物価の安い国に旅行すると、むやみやたらに値切る人をよく見るが(日本ではそんなこと絶対しないのに)、安い国だからって何も考えずに値切るのはヒドイ。貧しい売り子は、最後は生活のために受け入れざるを得ないこともあるし。
確かに法外にボッタくられていたならば、それは可笑しな話なので、ちゃんと自分で周りを見るなり人に聞くなりした上で交渉するのが筋。それと、自分が「この商品だったらこれくらい払ってもいい」と思う部分も、そこが安い国だからとか関係なく、自分でもちゃんと考えるべきことだと思う。

話は飛ぶが、同じようにフェアトレードも、フェアな値段を決めることは難しい。
現地の原材料費や生活水準から考えて妥当な賃金など、本当の意味で現地の状況を把握していないと、その判断は大変。それに加えて、「これくらいの商品なら、これだけ払ってしかるべき」といった付加価値の部分もあるしねえ。

などと色々考えてしまった遊び場でした。
[PR]
by nakazawamlibra | 2010-07-23 06:07 | フェアトレード

大手企業も注目、なフェアトレード!

以前働いていたフェアトレード・ファッション・ブランドPeople Treeでは、4-5年前くらいからか、大手企業とのコラボの話が色々とスタートしていた。今では、ツモリチサトやイーリーキシモトなどとのコラボや、高島屋などでの販売、英国女優のエマ・ワトソンとのコラボなど、フェアトレードに関心を持つ企業やセレブが増えている。

より多くの企業・大手企業がフェアトレードを始めることは、消費者や社会に対して大きな影響力がある。Think the Earthに記事を書いたのだが(↓)、英国や日本で販売され始めた"Cadbury Dairy Milk"というチョコレート一商品がフェアトレードになっただけで、ガーナのフェアトレード・カカオの輸出量は4倍にも跳ね上がると言う。

http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/news/business/796flo-report.html

それだけに、大手企業には、腹をくくってフェアトレードに取り組んでほしいと思う。今年はやってみたけど、来年はもうやりません、みたいなことでは、生産地の人々にとってみれば、仕事ができたと思ったら、あっという間に無職・・・というようなことになってしまう。

もちろん、そのためにはフェアトレード生産者側も相当の品質向上、納期の厳守などが求められ、それにこたえていかなければならない。People Treeで大手企業とのコラボに関わっていた頃を思い出すと、企業側と生産者側のお互いが、それぞれの状況や求める水準を理解しなければ、継続しないなと思う。

また、よくスターバックスなどについては、全体のほんの一部だけをフェアトレードにすることで、全体を正当化しているのではないかという意見もよくある。何もやらないよりは、少しでもやる企業が増えることはいいと思っているが、アイスクリームBEN&JERRY'Sのように2013年末までに全商品をフェアトレード化するという企業も出てきている。このように本腰を入れて、本業上でCSR(企業社会責任)に取り組む企業が増えればいいなと思う。

(デュッセルドルフのフェアトレード・ファッション・ストア)
b0176220_583492.jpg

[PR]
by nakazawamlibra | 2010-07-21 05:08 | フェアトレード

猛暑、エアコンなし

ドイツの夏は短い。
去年は、春のような気候が終わって、1週間ほど真夏のような日が続いて、「いよいよ夏真っ盛り!」と思ったら、急に秋になった・・・。
今年は、ここ2週間ほど、猛暑、猛暑、猛暑。
日本の蒸し暑さに比べたらマシとは思うものの、それでも想像以上の湿気なのである。そして、日差しは日本より強いような気がする。
b0176220_441430.jpg


とはいえ夏が短いドイツでは、エアコンは投資する価値がないので、各家庭・電車・店などエアコンがないところがほとんど。電車などは、窓も開かないので、サウナ状態!

しかし、エアコンがないならないで、人は一生懸命工夫するもんだ。
窓を開けることはもちろん、濡れたタオルを干してみたり、ドイツ人の友人はお風呂に水をためて、1日のうち何回も飛び込むと言っていた。
そもそも日本のエアコンの寒さがあまり好きでない私は、日本にいたころは夫とよく「エアコン戦争」をしていた。温度を下げて冷やしたい夫と、さりげなくリモコンで温度を上げる私。
そのような戦争をする必要がないので、それはそれでよい。

日本のオフィスでエアコンなかったら、スーツ姿だとかなり仕事がきついのは確か・・・。
でも、ここまで温暖化が進んできているのだから、だからってエアコンかけ続けては、さらに温暖化を進めちゃうし。
もう夏はヤンワリとクールビズとか言ってないで、本気で脱・スーツ、どこかの南の国のように半そでが正装という風にバッサリ全国で決めちゃうしかないかも。
[PR]
by nakazawamlibra | 2010-07-16 04:51 | 暮らし全般

広がるオーガニック・コットン!

最近、有名なブランドも含めて、オーガニック・コットン製の洋服をよく見かけるようになった。H&Mみたいな安いブランドでも、この春オーガニック・コットンシリーズを出していた。
去年、世界のオーガニック・コットン製品市場は、35%も拡大したとのこと。
Think the Earthに記事を書きました。↓
http://www.thinktheearth.net/jp/thinkdaily/news/business/785organic-cotton.html

コットン栽培には、これまで信じられない量の農薬と化学肥料が投入されてきた。
それによって、土地がやせ細り、ますます化学肥料を投入しないと育たないようになり・・・という悪循環。

私が以前働いていたフェアトレード会社でインドに行く機会もあったが、文字の読めない農民が素手で毎日農薬を触り、そのせいか手や爪の形が変形したり、健康を害したりする話を聞いた。
さらには、高い農薬代をまかなうために、インドの農民たちは借金をし、借金苦で自殺する農民が後を絶たないという。

白く美しいコットンだけれど、その裏でそんなことが起きている。
オーガニック・コットンは、People Tree商品をよく使っているが、手触りもよくて着心地が良い。
日本でもかなり沢山商品が出ているから、ちょっと意識してみたら案外すぐ見つかる。
お試しあれ!
[PR]
by nakazawamlibra | 2010-07-07 19:25 | フェアトレード


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧