ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お母さん元年

今年も残すところ、後1日。
今年は、元旦の明け方から陣痛が始まり、1月2日を7分回ったところで息子が生まれた。
あっという間に1年が経ち、今週末に1歳になる息子は、最近自分で歩けるようにまでなった(2-3mくらいだけだけど)。
b0176220_719362.jpg


去年とは打って変わって、仕事をせず子育てオンリーの「お母さん元年」だった。
とにかく赤ちゃんにエネルギーを吸い取られ、その分沢山の笑いや幸せをもらった。
子供を産む前は想像もできなかったような日々だけれど、眠ってばかりいた赤ちゃんが、ハイハイし、歩きだし、笑いだし、話し出すような「人生初の瞬間」を目撃できるのは、本当に楽しい。
一方で、つい最近まで夜中は1-2時間おきに起こされていたし、強情な息子はしょっちゅう泣きわめき、よく行く八百屋では有名な赤ちゃんになっているくらいで、子育ての大変さも思い知った。

自分の時間がほとんど持てないことが残念だったが、ここにきて、母乳を飲む回数も1日2回程度になったので、時には夫にベビーを託して、自分のやりたいことも少しづつできるようになった。
ドイツに来てから仲良くなったドイツ人ママ友も、来年からは徐々に仕事に復帰する。
私も日本にいたら、そろそろ仕事に復帰していたであろう頃だ。
ドイツにいるので少し免除されている気分にもなるが、やっぱりフェアトレードに関わることも少しやっていきたい気持ちもムクムク出てくる。
とはいえ、この1歳前後の息子の劇的な変化を見るにつけ、もし今仕事に復帰してたら、もったいなかっただろうなぁとも思う。

子育てと仕事の兼ね合いについては、本当に人それぞれ考え方が様々。
ドイツは、周りのママ友を見ても専業主婦になるという人はほとんど見かけず(というよりまだ会ったことがない)、働くママさんが圧倒的。
しかし育児休暇を3年まで取ることができるし、大半のお母さんたちは1年か1年半くらいで復帰するものの、例えば週3日だけだったり、午後は休みにしていたりするお母さんは多い。夫の育児休暇も日本より普及している。
そもそも日本に比べれば残業時間が圧倒的に少ないし、日本よりも子育てと仕事のバランスが取りやすそう。

仕事をしていても、限られた時間で集中的に子供と接する”Quality Time"が大事と考える人もいるし、ある年齢までは子供に集中したいと思う人もいる。
私は、あとしばらく子供の成長をそばで見たいなと思いつつ、
来年終わり頃までには息子の自立や友達との交流のためにも、少しづつ息子を一人で外に預ける時間を増やし、子供を犠牲にしない範囲で何かできたらいいなと思っている。

・・・と、つい先週もお気に入りのフェアトレード・ファッションのお店に、手伝えそうなことをメールしてみたりしつつ・・・。
でも、来年も間違いなく、息子中心の1年でしょう!
きっと面白いこと満載だろうなぁ~

それでは、日本にいる皆さん、来年も引き続きよろしくお願いします!
今年は皆さんにあまり会えず残念でしたけれど、来年はドイツへぜひ遊びに来てくださいね~、待ってます!
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-31 07:36 | 子育て

From where ??

日本では、洋服にはほぼ必ず洗濯表示と一緒に「Made in Japan」などと原産国が書いてある。
日本の法律では、原産国を表示しなければいけない義務は定められていないのだが、
「消費者を混同させるような表示」が禁んじられているので、結果的にどの企業も原産国を表示しているのである。

ドイツでもこれと同様、原産国がどこかを表示するのは任意らしい。
しかし違うのは、任意だから、原産国を書いていない洋服が多いのだ。
私がこれまで買った洋服も、どこで作られたか全くわからないものが結構ある。
b0176220_712917.jpg

(★この写真は、古布で手作りしている洋服屋のものなので、無関係ですが・・・)

どこで作られたか分かった所で、何ができるわけでも何をするわけでもない。
ただ、やっぱり自分の買ったものが、例えば中国やバングラデシュなどの国々で作られているといったことを知ると、どんな所でどんな風に作られたのかなぁとちょっと想像したりする。
値段とあわせて原産国の情報を見ると、「やっぱりヒドイ所で作られたのかな」などと思うこともある。

そんな情報もなくなると、買う側はどんどん鈍感になっていくような気がしてならない。
企業の社会責任やフェアトレードが浸透しつつあるこのご時世。
企業の透明性という意味でも、やっぱり原産国や産地の状況などは明らかにしてほしいなぁ。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-31 07:02 | フェアトレード

「ああ、穴ですか~、はいはい」

先日、とある北欧ブランドのカーディガンを買った。
安くもなく高くもなく、中間くらいのブランド。
家に帰って、じっくり見てみると、背中側の縫い目部分に2つの穴が!!

ドイツで洋服を買うときは要注意。日本ではありえないホツレや雑な縫い目など日常茶飯事。
前に一緒に働いていたバングラの生産者が、「日本のお客さんは返品するけど、これはヨーロッパでは何も言われないよ~」などと言っていたことを思い出す。
確かに、よく海外企業が日本市場については「世界で最も品質にうるさいマーケット」と言っているのを耳にするので、日本は消費者の要求が高いとは思う。
多分、ドイツの消費者はもう少しハードルが低いんだろうなぁ。

去年まで生産管理・品質管理の仕事をしていた私としては、洋服はそれなりにチェックしてから買うのだが、ベビーが生まれてからというもの、自分の買い物をしている時もいつ泣きだすか分らないし、グズグズされてしまうと一刻も早く買い物をすませねばならない・・・・。
ということで、今回もグズグズする息子を目の前に、とりあえずパッと買って、家に帰ってから気づいてしまった。

翌日、店に返品しに行って、穴を見せた。
日本だったら、多分店員が「申し訳ございません!」と平謝りだろう。
しかし・・・、「ああ、穴ですか~、はいはい。新しいのをもう1枚出します?」
と全く謝るそぶりはなく、いつものことよ~といった雰囲気。

多分、お店もお客さんもこういったことに慣れきっているのかなぁ。
(この店が特にそっけない対応だったのかもしれないけど・・・)
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-31 06:38 | 暮らし全般

アートの旅 in ハーグ

絵を見るのも描くのも好きなのだが、ベビーが生まれてからは、ゆっくりアートを見るのが難しい。
ドイツに来てからすでに3-4つの美術館を訪れているが、やはりベビーにとっては全く理解不能(彼にとってみれば、全く迷惑なんだろうなぁ)。
確実に途中からグズグズ泣かれ撤退することになる。

ということで、今年の旦那からのクリスマスプレゼントは・・・・
旦那がベビーの面倒を見ている間に、ゆっくりアート観賞をすること!

訪れたのは、オランダのハーグという街。
ここにあるMauritschuis Museumには、かの有名なフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の絵やレンブラントの絵が並ぶ。

フェルメールもレンブラントも、とても写実的で特に好きな画家ではないのだが、いずれも光の描き方がすごいので、一度見てみたかったのだ。
実際見ていると、ちょっとゾッとするような雰囲気ながら、美しく、引き込まれてしまう。
b0176220_512461.jpg


レンブラントの絵は、まるでその瞬間にどこかからスポットライトが当てられている舞台のよう。
b0176220_5131167.jpg


また、この美術館の近くには、だまし絵で有名なエッシャーの美術館もある。
確か中学だか高校のころ、教科書で初めて見た記憶があるが、これまた好きな画家というわけではないが、印象に残っていた。
上っているはずの階段が下っていたり、鳥の絵のはずが次第に魚に変わっていたり、その絵には皆さんも見覚えがあるのでは?
b0176220_5183476.jpg


予想以上にこの美術館も面白かった。
エッシャーの最大のテーマは、「時間と空間の無限性」だったらしい。
だからこそ、いつまでも終わらない階段や水の流れであったり、鳥から魚、さらにはそれがいつの間にか建物になってしまうような不思議な連続性が描かれていた。
彼の頭の中では摩訶不思議な世界が繰り広げられていたに違いない。
それに、エッシャーの絵は手で描かれていると思っていたのだが、実は精密な木版画とリトグラフだったのは驚き。
b0176220_519135.jpg


ということで、あっという間にアート・タイムは終わり。
締めは、旦那と息子も一緒に、ハーグの近くにあるScheveningen(日本語ではスケベニンゲンと呼ばれる可笑しな地名)の海岸へ。
初めて見る海は、真冬の北海。冷たい風に吹かれて難しい顔をしていました。
b0176220_5282087.jpg

[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-27 05:31 | アート

チョコレートなクリスマス

さてさて、今日はドイツのクリスマス。
街はゴーストタウンのごとく、人も車もおらず、店も全て閉まっている。
一昔前の日本のお正月みたいな感じ。
クリスマスイブの昨日は、多くのお店が13時くらいに閉まるので、駆け込みで買い物する人々に溢れていた。いつも無愛想な郵便局のおじさんたちも、すでにホリデーモード全開で笑顔の応対(笑)。

やはりドイツ人にとって、クリスマスは1年を締めくくる一大行事。
クリスマスに向けて、人々は家族や親せき、友人などのためにプレゼントを買い集め、本物のツリーを買い、リースを作り、ロウソクに火をともし・・・・と大忙し。
(↓近所のクリスマスツリー売り場)
b0176220_6274473.jpg


そんな中、スーパーやお店に行くと、クリスマス仕様のチョコレートがわんさか。
とにかく、日ごろからチョコレートが多い国だけに、その種類は半端ない。
しかし先日大手スーパーに行ったが、残念ながらあれだけ沢山のクリスマス用チョコレートの中で、フェアトレード・チョコはとても少数だった。普通のチョコ売り場にはフェアトレード・チョコはそれなりにあるのだし、クリスマスこそフェアトレード・チョコが売れそうなのになあ。

と、そんなところで、ドイツのフェアトレード団体dwpが新発売した美味しいトリュフ・チョコレートを発見。エクアドルのカカオ・砂糖やタンザニアのバニラを使ったもの。
とても美味でした。
b0176220_618477.jpg


それにしても、ドイツのチョコ消費量は、クリスマスの時期も含めてかなりすごそう。
日本にいたころ、海外企業の日本進出を手伝う仕事もしていたことがあるのだが、ヨーロッパなどのチョコメーカーがこぞって日本市場を目指していて、「日本のチョコレート市場は大きい」などと言うのを聞いていたのだが、ドイツに来てみればスーパーなどのチョコ売り場の面積は日本の比ではない。

私も最近チョコ消費量が増えていて、マズイ状況に陥っている・・・。
日本に帰る頃に別人になっていないように、自制しまーす。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-26 06:30 | フェアトレード

オムツから見るドイツ社会

ドイツに引越す時に、日本のパンツ型オムツを1パックだけ持ってきていた。
さすが日本というべきか、オムツのどちらが前と後ろか1枚1枚に書いてあるわ、最後にオムツを丸めて止めるためのテープまで装着されているわ、至れり尽くせり。

それを使い終わったので、ドイツのパンツ型オムツを買ってみると、どっちが前か後ろか1枚1枚どころかパッケージにすら書いていないし、まさかオムツ止めのテープなど付いているわけもない。
しかし、そうなったらなったで、特に支障はないものなのだ。

これはオムツに限らず全てに言える。例えば、ストッキング。
日本のストッキングは特に高級なストッキングでなくても、踵やつま先がきちんと形作られ、つま先に線が入っているタイプかそうでないものか、また腿やふくらはぎなどがシェイプされているものがあったり、これまた至れり尽くせり。
一方、こちらのドラッグストアで普通にストッキングを買うと、どっちが踵かつま先かなどなく、めちゃくちゃシンプル。しかし、これまたそうなったらなったで、支障はないのだった。

話はそれるが、先日旦那のところに、日本の大企業の労働組合からの出張者が来ていて、「ドイツでは労働者が日本ほど残業することはない上、休みもしっかり取るようだが、それでも経済が成り立っているのはなぜか」といったような趣旨の質問をしたそうだ。
旦那は言った。「いや、成り立っているというか、消費者がその分妥協しているんじゃないですか。」

そう、オムツもストッキングも同じことなのだけれど、日本人からするとドイツの商品やサービスはちょっと足りない感じがする。しかし、それをドイツ人は普通に受け入れているし、ちょっとぐらい不便でも誰も文句を言わない。日曜は店は休みだし、土曜だって2時までしかやっていない店もざら。日本ではその日のうちに再配達してくれるような宅急便も、ドイツでは次の日の午前中だって無理。
でも、それでドイツの社会は成り立っているのである。

日本はコンビニもあれば、都内には夜中までやっているスーパーもざらにあるし、日曜どころか年末年始もほとんど休みなくサービスが供給され続けている。商品にしても、隅々まで工夫が凝らされ、必要なのか?といったものもあったりする。

日本では消費者が求めすぎている分、きっと社会全体がとにかく働かなくなくてはいけないのかな。
あまり残業せず休みも十分取れることが当たり前の社会になるには、まず消費者が少しトーンダウンしなきゃいけないのかも。
もちろん、企業が残業を当たり前のような前提にして、仕事の分配を考えがちな風潮も変わらないといけないし、遅くまで残っている人の方が仕事をしている・デキル人といったような昔からの固定観念が未だに残っている会社もあるだろうから、そこらへんも変わらないといけないだろうけど・・・(前に労働組合の委員長をやっていたので、ついこの手の話題にスイッチが入っちゃう・・・ははは)。

しかし、一度至れり尽くせりを知った消費者は、果たして後戻りできるのだろうか・・・。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-16 03:56 | 暮らし全般

我が家の革命 ~ドイツ式睡眠トレーニング~

つい2週間ほど前、我が家に革命がおこった!
いや、他の人にとっては大した話じゃないのだが、息子が一晩寝るようになったのだ!!
息子は生まれてこの方、夜はほとんど2時間おきに起きては(ドイツに来た直後の1-2ヶ月は1時間おき)、母乳を飲まないと寝入らず、そんなわけで私は毎日フラフラ状態だったのです。
b0176220_734375.jpg


夏頃、小児科の検診に行ったついでに、お医者さんにその話をしたら、"Schlafprobleme bei Kleinkindern"(幼児の睡眠障害)なる大そうな資料を手渡された・・・。
そこに書かれていたのは、ドイツ式の睡眠トレーニング。

まず赤ちゃんが母乳に頼らずに一人で寝入れるようにトライする。
例えばベッドの上のぬいぐるみやお母さんの匂いのついたTシャツなど、何かしらベッドの上の物に触れるなりしゃぶるなりすれば安心して眠れるようにしてみよとのこと。
・・・これは敢え無く失敗に終わった。

次のステップは、とにかく真っ暗にした部屋で一人で赤ちゃんを寝かす(ドイツは、早いうちから赤ちゃんを親とは別の一人部屋で寝かせる家庭が多い)。
そして、起きても泣かせ続け、5分おきに部屋に入っては頭をなでるなりして安心させ、これを寝入るまで繰り返せとのこと。資料には、これは1週間以上続くと思われるので、夫婦の覚悟が必要と書かれていた。
我が家の場合は、ずっとひどく寝つきが悪かったので、1週間どころか1ヶ月は続くのではないかと恐れをなして、ついこの睡眠トレーニングを後回しにしていたのだった。

しかし、ある日夫婦二人で急に思い立ち、トライしてみた。
最初息子は30分弱泣き続けたものの、5分おきに軽く抱っこしてベッドに置くを繰り返し、最後は諦めて寝た(最初私たちの心は相当傷んだのだが)。
それが次第に15分、10分と短くなり、それと同時に起きる間隔も3時間、5時間と長くなっていった。
そして、1週間後、ついに息子は夜の8時から朝5時まで寝続けたのである。
(ちなみに、窓のシャッターも降ろして本当に真っ暗にしないと、なぜか3-4時間おきくらいに起きてしまうので、完全に暗くしている。)

息子が意外にあきらめが早かったことに驚くとともに、じゃあ今までのはなんだったんだと思ったり。
いずれにしても、息子は深い眠りができるようになりハッピーだろうし、
私も少なくとも5-6時間は通しで寝られるわ、もう夜に母乳を与えなくてもよいので時には夜旦那に息子を託して出かけることもできる。
「ああ、こんな日が来るなんて!」と感激ひとしお。

ドイツも日本も、赤ちゃんの睡眠というお母さんの悩みは万国共通。
ドイツ式睡眠トレーニングよ、ありがとう。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-13 07:41 | 子育て

ドイツのクリスマス

11月に入ると、ドイツはクリスマスモード真っ盛り。
街のいたるところに、クリスマス・マルクト(Weinachtsmarkt)が立ち並ぶ。
クリスマス・マルクトでは、伝統的なクリスマスのケーキやクッキー、ナッツ系のお菓子、様々なクリスマス飾り、木製のキッチン道具などが売られている。
そのほか、グリューワイン(Gluehwein)と呼ばれるスパイス入りの赤ワインや、ドイツお馴染のソーセージやらハッシュドポテトなどの食べ物の出店が並んでいる。

デュッセルドルフのクリスマス・マルクトでは、各出店の小屋はモミの木で飾られて、外観はそれっぽいのだが、なんだか全体的な雰囲気が世俗化されていて、イマイチ。
なぜか突如小さなメリーゴーランドがあったり、超狭い柵のなかにロバや羊が放り込まれて、「エサやり2ユーロ」などという出し物もある(子供は喜んでいたけど、私は動物に同情した・・)。

一方、ご近所ケルンのクリスマスマルクトの方が、もう少し素敵な雰囲気(下写真)。
b0176220_23521750.jpg


ただ、どこへ行っても街全体のイルミネーションはやはり美しい。
私が想像しているより、ずっと地味で落ち着いたイルミネーションだったのだが、そのほうが美しく感じる。東京の中心地でよく見かけるような青やら緑やら赤のイルミネーションは、どうもうるさく感じる。
b0176220_2355276.jpg


そして、街には本物のモミの木や葉っぱが沢山売られている。みんな毎年本物のツリーを買って、葉っぱでリースを作るらしい。リースに4本の大きな蝋燭を立てて、クリスマス前の4回の日曜日に一つづつ蝋燭に火を灯していくという習慣がある。

「本物のツリーを使うなんて、ドイツらしいし、やる気が違うねえ。日本はみんなプラスチック製のツリーだよ」とドイツ人の友人に言ったところ、
「まぁ、美しいと言えばそうなんだけど、日本のほうがエコじゃない?毎年いったいどれくらいの木がこの時期に切られているんだか」とのこと。

我が家は東京にいたころから、別にクリスマスだからといってウキウキと何かを飾ったりしていなかったが、この間小さな木の幹で作ったツリーの置物を見つけたので、部屋の隅に置いている。
b0176220_011470.jpg


そして、もう一つよく売られているのが、Advent Kalenderと呼ばれるもの。これは12月に入ると、毎日1つづつカレンダーの小窓に入っているチョコレートを出して、24日のクリスマスイブまでカウントするもの。
私は子供のころ、イタリアに住んでいたことがあるのだが、その当時兄弟3人でワクワクしながら、毎日このAdvent Kalenderの小窓を開けていたことを思い出す。

ということで、柄にもなく、つい懐かしくなって買ってしまった。
もちろん、フェアトレード・チョコレートのAdvent Kalender。
ドイツ最大手のフェアトレード会社であるGEPAが作っているもので、ボリビアのEl Ceiboという生産者団体のカカオを使っている。
b0176220_05014.jpg


ちなみに、このクリスマス・シーズンはヨーロッパにおいて「慈悲の期間」ともいえるようで、町中には例えば動物保護やそのほかの支援を募る人の姿も見かける。
つい先日は、我が家のポストにPlanという有名なNGOからの手紙が入っていた。
ある子供の写真や友情バンドと呼ばれるものが同封され、寄付金を募っている。
(一見すると里親制度に見えるが、そうではなく地域の開発プロジェクトへの寄付金を集めつつ、その地域の子供たちと寄付者との直接のつながりを手紙や写真で結んでいるらしい。)
b0176220_0124466.jpg


個人的には、寄付よりは、人々の持続的な自立につながるフェアトレードのような方法を選びたいが、こうした人々の生活のより基礎の部分を支える地域開発プロジェクトも大事だとは思う。
それにしても無作為にこうした写真まで入った封筒を各家庭に配布するとは、やはりこのシーズンの力の入れ具合が違う。
以前働いていたフェアトレード会社でも、イギリスのグループ会社ではクリスマスシーズンの販売が大きな要素になっているようだった。

そんなわけで、とにかくクリスマスはドイツでは一大イベント。
しかし我が家は、まだ息子もクリスマスを理解できないし、多分ひっそり過ごすことになりそう。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-12-04 00:23 | フェアトレード


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧