ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ゲットーのユダヤ人労働者への年金

第二次大戦の被害者に対する補償問題で、日本とドイツは比較されることが多い。
最近こちらで目にした記事で、それをまた思い出させられた。

当時ナチスは、強制収容所に送る前のユダヤ人をゲットーと呼ばれる強制居住地域に押し込んだ。ゲットーでは、食べ物や食料の配給切符と引き換えに工場などで働かされる人々も多くいた。
記事によると、今月ドイツの連邦社会福祉裁判所は、当時ゲットーで働いたユダヤ人の労働に対して年金を支払うべきという判決を下したという。

そもそもドイツの社会保障制度では、報酬と引き換えに行われた労働に対しては、引退後に年金が払われる仕組みになっている。そして2002年にドイツは、「ゲットー労働者のための年金法」という法律を施行し、ゲットー労働者に対して年金を支払う制度は作ったが、監督官庁は「ゲットーのユダヤ人たちが仕事と引き換えに受け取った食料や配給切符は、厳密な意味での給料に値しないので、労働の報酬とは認められない」として、年金の支払いを拒んでいたのだそうだ(年金を申請した7万人のユダヤ人のうち90%が却下された)。
しかし、この判決でようやく年金が支払われることになるとのこと。戦後50年以上経っており、すでにこの世を去った人々も多いだろうが、当然の権利だろう。

ドイツは、そのほかにも、2000年に賠償基金を設立し、ウクライナやロシア、ポーランドなどに住んでいた165万7000人の強制労働被害者に対して、これまで約5610億円の賠償金を支払っているとのこと。

それにしても、「年金」での戦後補償という話は、私は初めて耳にするものだった。人々は、色々な面で自分の権利を奪い返そうとしているのだな、と思った。
日本もドイツも、人々の自由に生きる権利を奪って侵略なり支配した側というのは、どれだけ年月が経とうとも、償う義務は消えない。

そういえば、旦那と結婚する前に、なぜか靖国問題で3時間くらい大激論して(それも電話で)、大ゲンカしたのを思い出した・・・(笑)。今思うと、なんて疲れるカップル・・・と思うけれど、こんなところでもケンカになるくらいだから、こういう人々の感情が深く絡む話は議論が尽きない。

去年、中国人の監督が撮った映画「Yasukuni」を見て、少し一面的な印象も受けたものの、「された側がどう受け取っているか」を知る上でとても興味深かったし、戦争であれ個人のケンカであれ、それが重要なことなのだと感じた(もちろん、客観的な事実はきちんと知った上で)。
戦争をしかけた側も、もちろん個々人は当時の教育で洗脳されていた部分があるだろうし、国に使われた身であるから、一人一人を考えれば、戦争した国・された国ともに兵士本人やその遺族は傷ついたと思う。

でも、やっぱり国としては、どんな大義や言い訳を掲げようとも、侵略や支配は許されるものではないし、そこに償う責任があることは言うまでもない。
ドイツも日本も、きっとまだ当面はこういうニュースが尽きることはないのかな。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-30 06:08 | 暮らし全般

「不便さ」と「ご近所づきあい」

ドイツでは、郵便局や宅配サービスが荷物を届けにきた時に、不在であると、同じアパートの中に在宅している誰かの家に荷物が預けられるのが普通のようだ。
もしご近所にも預けられなかったら、どうやら自分が荷物を取りに行かなければいけないらしい。

先日も、隣に住むカナダ人が同じアパートに住む人の荷物を預かったのだが、その家を訪ねてもいつも誰もおらず、彼女もその週末から旅行に出てしまうので困ったと言う。
「それじゃあ私が預かって、メモを書いてその人のポストに入れておくよ」
と私が預かり、最終的にはその人が私のところに取りにきた。
日本だったら、普通に電話で再配達の依頼をすれば、届けに来てくれるので楽。
でも、不便だからこそ、こんな感じで荷物一つを通して、ご近所同士で接点ができたりする。

不便さといえば、もう一つ。
日本はとにかくスーパーや小売店が毎日オープンしているところが多いし、コンビニもたくさんある。
しかし、ドイツでは日曜は基本的にお店はお休みで、中心地でもかなり静か。不便といえば不便かもしれないが、そうなると日曜は家族や友人、ご近所など人とゆっくり過ごすというのが定番になる。
ということで、みんなでご飯を食べに行くレストランに限っては日曜もやっている店が結構あるし、人の家に行く時にケーキやクッキーをお土産に買っていく人が多いからか、一部のお菓子屋だけは日曜もやっている。

なんとなく、色々不便だと人と人との関係はもっと深くなるような気がする。
インドに行った時も、自分の家にないものを隣の家から借りてきていた人がいたし。
バングラデシュに行った時も、隣の家同士はまるで家族みたいだったし。

日本の便利さが懐かしくなる時もあるけれど、なければないで普通になってしまう。便利さが極まると、人との関係も希薄になったりすることもあるし、結局あそこまで便利である必要はないのかなと思う。
うちの近所に唯一24時間開いているガソリンスタンドがあって、そこに小さなお店もあるのだけれど、前に旦那が夜中に立ち寄ったら、日本人ばっかりいたらしい。
日本人は、なかなかその生活から抜け出せないのかしらねえ。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-27 04:21 | 暮らし全般

フェアトレード棚 in スーパー

ドイツの大手スーパーのKaiser’sでは、比較的大きめの店舗であれば、入口から入ってすぐの目立つ所にフェアトレードの専用棚ががっちり並んでいる。
この棚に並べられているのは、私が見たところ全てドイツ最大のフェアトレード会社GEPAのもの。
商品の種類は、おなじみの紅茶・コーヒー・チョコレートがメイン。
それ以外にも、時々フェアトレードのバラの花束が入口付近に売られていたりもする。
b0176220_1465788.jpg


ほかの大手スーパーでは、このような専用棚は見たことがなく、フェアトレード商品はさらに目立たない状況。
とはいえ、フェアトレード棚を置く大手スーパーが出てきているのだから、もちろん日本よりは進んでいるけれど、それでもまだBIOに比べれば知名度や売上が低い。なので、こんな風に専用棚にしないとアピール力がないんだろうな。
BIOは相当普及しているので、野菜、肉、乳製品、ジュース、お菓子などそれぞれの売り場で、BIOマークがついた商品が分かりやすく混ざっている。

フェアトレードも、これからは専用棚なんて作らなくても目立つくらい、普通の棚に混ざっていけばいいなぁ。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-25 01:51 | フェアトレード

さようなら、ハナ

ドイツの暮らしとは関係ないけれど・・・
実家で15年ほど飼っていた犬のハナが、今週この世を去った。
高校生になった頃から飼っていた犬なので、もういないと思うと不思議な感覚だし、胸がぎゅっと締め付けられる感じにせつない。
でも、もう16歳だったので、人間で言うならかなりのおばあちゃん・・・大往生と言っていい。

15年前、柴犬系の雑種のハナは、ある日フラフラと我が家の門から入ってきた。
私たち兄弟3人でポスターを作って飼い主を探したところ、ある女性が尋ねてきた。近所の老夫婦に飼われていたのだが、最近おばあちゃんが入院し、おじいちゃんだけでは世話がままならず、逃げたらしい。その女性は老夫婦の親戚で、もう老夫婦では飼いきれないので、できたら我が家で飼ってほしいと言う。ハナ(いや、元の名前は柄にも似合わずメアリーだったけれど)のつぶらな目でみつめられ、我が家で飼うことになったのだった。

5年前には私が拾った猫のソラも加わり、実家で暮らしていた。猫のソラはなぜかハナを母親か何かと思ったのか、ハナに寄り添って寝たり、甘えて体をなすりつけたりしていた。おばあちゃんになったハナは、いつもちょっと迷惑そうに、でも半ば諦めてソラの好きなようにさせていた。

(最後の日の前日のハナとソラ)
b0176220_3311158.jpg


そして今週。腎臓を悪くして瘦せ細ったハナは、いよいよ痙攣を起こして意識を失った。
母が「ハナ!」と声をかけ、猫のソラも側に寄り添うと、少し意識を取り戻しウォーンと声をあげた。
でも、しばらくして、父が「ハナ、ちょっと落ち着いたみたいだぞ」と言ってよく見ると、すでに息を引き取っていたという。その鳴き声が最後のお別れだったのね・・。

不思議なことに、猫のソラはそれまではハナの傍にいたのに、最後の瞬間はハナを遠くから見つめていたという。そして、ハナが冷たくなった後はその近くに寝ていたとのこと。動物には、やっぱり最期の時というのがわかるのかしら。ソラも、ハナがいなくなって淋しいと思うけれど、動物のほうがそういうことを当然のものとして、あっさり受け入れるのかもしれない。

さみしいけれど、いつかは来ると思っていたこと。
ハナ、今まで家族に癒しや笑い、楽しい思い出をくれて、ありがとう!
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-21 03:28 | 暮らし全般

スタイリッシュなフェアトレード・チョコ by Zotter

フェアトレードチョコのなかでも、おしゃれなデザインが目を惹くのが、
隣国オーストリアのZotterのチョコ。
b0176220_4421673.jpg


Zotter社は、12年ほど菓子職人をしていたJosef Zotter氏によって1999年に作られた会社。
当初はフェアトレードやオーガニックというコンセプトはなかったようだが、チョコレートメーカーの責任として、カカオ農園において労働者が低賃金や劣悪な労働環境で働かされたり、子供が働かされていたり、農薬によって環境破壊することを避けなければならないと、2004年に全てのチョコレートをフェアトレード生産に切り替え、2005年からは全てをオーガニックにしており、フェアトレード・チョコレートブランドとして有名。

ニカラグア、ペルー、エクアドル、ドミニカ、コスタリカ、パナマ、ブラジルでカカオを栽培し、オーストリアでチョコレートに加工している。

今回私が買ったのは、「Labooko」という二つの種類のチョコレートがワンパッケージになったシリーズ(右)と、ホットミルクに溶かす「飲むチョコレート」シリーズ(左)。
b0176220_4433915.jpg


Labookシリーズは、原料や生産国も違う組み合わせのチョコレートが楽しめるというコンセプト。それぞれ「恋人たちのために」「成功したい人のために」「天使のような子供たちのために」といったようにキャッチフレーズがついていて、それぞれ絵のデザインもなかなかステキ。お値段は、2つのチョコがセットで3ユーロなので、こちらの物価の感覚で言うと300円くらい。
これは、「恋人たちのために」バージョンで、ビターチョコレートとフルーツヨーグルトチョコのセット。チョコレートにもかわいいデザインが形作られている。
b0176220_4444072.jpg


飲むチョコレートも、日本にはあまりないタイプの商品で、ちょっと甘いものが欲しい時にミルクに少しだけ入れて飲むと美味しい。お値段は1.4ユーロなので、感覚的には150円くらい。

美味しくてオシャレ、そしてフェアトレード&オーガニック。プレゼントなどにあげても喜ばれそう!
欲を言うなら、ホームページや商品パッケージに、もう少しカカオ生産者の状況などを書いてくれるとより良いのになぁ・・・。
Zotterのチョコレートは日本にも2007年に上陸!私も日本にいる時にインテリアショップでギフト用に並べられているのを見たことがあるが、現在は新宿、恵比寿、代官山にある店舗で買えるそうなので、ぜひお試しあれ。http://www.zotter.jp/index.html

参考: フェアトレードとは?? 
World Fair Trade OrganizationのHP(日本語
フェアトレード企業People TreeのHP(日本語

参考:カカオ農場の児童労働について
★国際労働機構ILOのホームページ
http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/ipec/facts/sectorial/agricult/05.htm
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-20 04:53 | フェアトレード

語学学校の託児所で見た現実

ドイツに来てから早1ヶ月半。
日常生活やママ&ベビーの教室でドイツ語をなるべく使うように頑張っているが、やっぱり語学学校に行ってきちんと勉強したいなぁと思っていた。でも、5ヶ月になったばかりの我が息子は、よくぐずるし、未だに2時間おきの授乳なので、自由に語学学校など行っていられない!ちょこちょこテキストで自習もしているが、やっぱり赤ちゃんがそばにいると、彼が寝ているほんの少しの間にしか集中してできず、他にもやらなきゃいけないこともあったりして、イマイチちゃんとできない(まぁ、言い訳だけど)。

この町には、そんなお母さんたちのために託児所付きの語学学校がすこしだけある。日本人のお母さんたち向けの託児所付き学校もあるらしいのだが、生徒が日本人ばかりでは結局ドイツ語を話さなそうなので、避けたい。
市が運営している市民大学みたいな所にも、託児所付きの教室があるけれど、1歳半以上でないと預かってくれない。

それ以外にはなかなか見つけられず、インターネットで検索したなかで、ようやく7ヶ月から預かってくれる託児所のある語学学校を見つけた。
なぜか授業料は1クラス(45分)2.5ユーロ程度とすごく安く、移民局への補助申請のようなものを学校が代理で提出すると、その授業料は1ユーロにまでなるという。それにしたってなぜそんなに安いのかなぁ。こうなってくると、本当に信頼できる学校なのかよくわからない。
託児所も、本当に子供をちゃんと預けられるようなところなのか!?という疑問もある。

ということで、まず学校と託児所を見学しに行った。約束した時間よりかなり早く着いてみると、ちょっとびっくりした様子で慌てて学校と託児所を見せてくれた。
託児所・・・・と言われる部屋のドアを開けると、小さな部屋に20人くらいの子供たちが所狭しと座っていて、泣くは喚くは騒ぐはの大合唱。

それだけ子供がいるのに、部屋もすごく狭い上に、保育士のような人は1人しかいない。
「子供の数のわりに、部屋がすごく狭くないですか・・・?」と思わず、つぶやいてしまった私。学校のスタッフは慌てた様子で、「いつもは2部屋に分けているんですけれど、今はたまたま・・。もう1部屋は寝る子用の部屋ですよ」といって、見せてくれた部屋も薄暗く狭く、ドンとテレビ1つと小さなベッド1つが置いてあるばかり。
「・・・・」

一事が万事。
たまたま今日だけすし詰めになっていると言うが、今日そういう日だったのなら、他にもそういう日があるはず。
もし息子を預けたら、きっと寝かされたまま泣いても放置されるか、テレビの前に座らされたままになるに違いないと想像してしまった。うーん、こんなところに息子は預けられん!
やっぱり変に安かったりすると、その裏には必ず安いなりの理由があるものだ(フェアトレードと一緒だわ)。

しかし、私はそんなことを言って選んでいる余裕があるが、この学校に来ている子育てママたちはそんなことは言っていられないのだろう。その日各教室にいた学生のほとんどは、トルコ系をはじめとする中東系の人たちで、おそらく就労ビザなどの関係でとにかく早く語学を習得しなければ、ビザの許可も更新も難しいのだろう。この町は日本企業が多いから、多分日本人はそれに比べれば厳しくないのだろうが、それでも更新するためには語学のチェックが厳しく入ると、日本人美容師さんが言っていた。

なんとなく、この町に集まるさまざまな国の人たちの一幕を見たような気がした。でも、あの託児所はもしいつもああだとしたら、マズイんじゃないかなぁと思うと、あの部屋の光景が頭を離れない。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-17 00:04 | 暮らし全般

9年ぶりの再会

最近、Facebookというmixiのワールドワイド版みたいなものに登録した。主に英語ベースで書き込みがされているので(もちろん日本語でもOK)、さまざまな国の人が登録している。Mixiと同じで、自分が許可した人しか自分のページにアクセスできないようになっているが、Facebook上で見つけた人に自由にメッセージを送ることはできる。

数日前に、メッセージが届いていた。

「あなたは、9年くらい前にネパールのカトマンズに来ていませんでしたか?カトマンズにあるトリブヴァン大学で会って、あなたからお土産にブルーの万能ナイフをもらいました。」

トリブヴァン大学、、、ブルーのナイフ、、、、ああ、あの時の!

思い出すのは9年前。
友人となかなか休みの日程が合わず、珍しく1人でネパールに旅行に行った。
その旅は、最初からおかしな出来事ばかり。パキスタン経由でネパールに入るフライトで、パキスタンのトランジットで一泊することになっていた。トランジットホテルにつくと、なぜか部屋が足りないと言われ、そばにいた同じフライトの日本人男性と同じ部屋に泊まってくれと言われるではないか!
イスラム教のパキスタンでそんなこと許されるわけ!?と思って、散々あーでもないこーでもないと掛け合ったものの、すでに時間は夜中、そして部屋が足りないのだと言われてしまっては、もう諦めの境地(というか面倒くさくなった)。

今考えれば、若さとは恐ろしい。無謀な話というか危険?な話だが、その男性がとても中性的なタイプでまったく危険なかんじの人ではなかったので、部屋を仕切ってもらって泊まることにした。
そして、その後もカトマンズのホテルや帰りのフライトが偶然同じだったことから、英語のあまりできない彼と、男の人が一緒だと何かと心強いと思った私は、旅の半分くらいを一緒に過ごした(全くなんの恋の発展もなかったが)。

そして、そのカトマンズで、たまたまネパールで最も大きく歴史あるトリブヴァン大学のそばに行く日があったので、ちょっと覗いてみることにした。マクロ経済学の授業をやっているクラスの前を通りすがると、中の学生たちが一斉に珍しそうにこちらを見て、入れ入れという。流れのままになぜか一緒に授業を受けてしまい、その後学生の家に誘われた。
それが、今回メッセージを送ってきたネパール人の彼である。

水田の間の小道を抜けたところにあるアパートで、明るい光がさんさんとふりそそぐ部屋のなか、ネパール人の学生3人とわたしたち2人で、今の暮らしや家族、将来のことなどお茶をしながら話した思い出がある。別れ際、日本からのお土産でも渡したいけれど何もないなぁと思って、日本から持ってきていたブルーの万能ナイフを思い出に渡した。

その後、彼は私が送った手紙を入れたカバンをなくしてしまい、連絡できなくなってしまったそうで、私も日々の忙しさにかまけて、思い出はすっかり記憶の彼方にしまわれていた。

そして9年後、彼はふと私を思い出してFacebookで探したということ。彼は結婚して2人の子供を持ち、今1人でフィンランドに留学しているという。来年家族をフィンランドに呼び寄せて、会社を始めるそうだ。ブルーのナイフは今も大事に持っているよ!とのこと。

うーん、世界は狭い。こんな世の中じゃなかったら、二度とつながることはなかっただろうなぁと思うと、なんだか面白い。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-13 16:23 | 暮らし全般

地産地消とフェアトレード

ドイツ人と同じ食生活をしていては確実に太る!
ということで、日々野菜中心の食生活を心がけている。野菜は、近所のBIO専門店で買っているのだけれど、基本的にこの地域の農家で採れた野菜。まさに採れたという感じで、野菜を洗うとナメクジっぽいのやら色々な虫が出てくる(スーパーで売っているBIO野菜は、虫は見かけないのだけど)。
ムニョムニョ系の虫が苦手なわたしだけれど、虫にも愛される野菜は美味しい。
b0176220_0513427.jpg


隣に住むカナダ人ともこの間話していたのだが(彼女もこのBIO店で野菜を買っている)、
やっぱり”Eat Local”=地産地消は大事。野菜が新鮮で美味しいことは言うまでもないけれど、エコの視点からもCO2をたくさん排出して遠い地域から輸送していないし、BIO野菜は農薬も使っていない。

こういう話をしていると、「じゃあ、モノを輸入するフェアトレードはそれと相反しないの?」と思う人もいるはず。前職のフェアトレード会社でもこの話題は時々同僚と話したのだが、まずは地産地消が基本にあるべきと思う。同じキャベツで国産と輸入モノがあったら、やっぱり国産を選んだほうがいいと思う。

でも、そうは言っても例えばバナナやコーヒーはドイツでは育たないから、それぞれの国の特徴を活かしてモノを補い合うことになる。厳しいことを言う人は、じゃあドイツ人はバナナやコーヒーをとらなければいい!と言うかもしれないが、やっぱり人間そんなにストイックには生きられないものだし、全てのものについてその国だけで簡潔するというのはあまりに現実的でない。

それに、それぞれの国や地域の特徴を活かした、他にはない商品があるのならば、それはそこから買うことにも意味があると思う。地産地消はおもに食べ物の世界で使われる言葉だけれど、たとえば、食品だけの話じゃなくて、バングラデシュの刺繍技術を生かしたフェアトレードの服があるならば、それはその国から買うことで、その国ならではの刺繍技術を持つ人たちの仕事の機会にもなる。

ということで、なるべく地産地消、そして輸入モノならばフェアトレードで!というのが目指すところ。
しかし、そう言っている私だって、地産地消といかないこともあるし、買っている輸入モノが全てフェアトレードだとは言えないのが痛いところなのだが、なるべくそれを心がけるようにしている。
100%清く正しく生きられればいいのだけれど、なかなか最初からそうはいかないので、まずはできるところからやるしかない。

何もやらないよりは、まずは何か一つでも小さな一歩を積み重ねることが大切なはず!
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-12 00:56 | フェアトレード

森の美術館

前回紹介した安藤忠雄の美術館からすぐのところに、もう一つ変わった美術館があるというので行ってみた。その名は、Museum Insel Hombroich
美術館のパンフレットには、”Kunst parallel zur Natur”(自然とともにあるアート)と書かれている。
敷地内は広大な森で、これ全体が美術館。ステキな草花が生え、池があったり林があったり、珍しい小鳥や虫がいたり・・・こんな森で、これからどんなアートに出くわすのかワクワクする。
b0176220_541173.jpg


森のなかには14の小さな建物が点在していて、それぞれの建物に色々なアート作品が飾られている。
b0176220_544028.jpg


外と中の空間は特にドアで仕切られているわけではなく、入り口から見る外の風景は、まるで絵画のよう。またアート作品も何だか無造作に置かれていて、ライティングは自然光だけ。建物のなかで別に学芸員が見張っているわけでもなく、なんともリラックスした感じ。
b0176220_55576.jpg


この美術館を見回るには、少なくとも2-3時間はかかる。広大な森を歩き疲れたら、途中にあるカフェでの飲食はタダ。とはいっても、まぁこんな感じのシンプルなパンやジャム、果物という程度で、そんな美味しいわけでもないけど、なかなか嬉しいサービス。
b0176220_554293.jpg


今まで日本でも、自然のなかにある美術館は見たことはあるが、やはり周りの自然と建物はかっちり区切られているように思えた(外に飾られたモニュメントなどは別として)。
この美術館のように自然とアートの空間の仕切りがゆるく、不思議に融合されている場所は今まで見たことがない。

デュッセルドルフの町自体は、あまり見るところのない町だけれど、この美術館は結構近くにあるので、是非この美術館も訪れることをおススメします!
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-11 05:09 | アート

こんなところに安藤忠雄!

デュッセルドルフから車で20分くらいのNeussというエリアに、日本の有名な建築家である安藤忠雄がデザインした美術館Langen Foundationがあると聞き、早速行ってみた。Neussに着いたものの、どこにもLangen Foundationの看板は出ておらず、住所を頼りに探すと、行けども行けども広い草原と畑。
b0176220_5321941.jpg


すると突然、「これぞ安藤忠雄」という感じの建物が現れた。
b0176220_5324688.jpg


自然と対照的なコンクリートの建物に、うまく外の光や緑を取り入れた美術館だった。絵を展示するスペースは、天井が高く贅沢なほどゆったりしている。私は、安藤忠雄がすごく好きというわけではないのだけれど、絵を展示する空間の作り方は素晴らしいなぁと思う。

日本でも、安藤忠雄が建築した、香川県の直島にある「地中美術館」を訪れたことがある。
入場料が結構高いわりに、展示されている作品の数は少ないので、どんなものかしら・・・と思って行ったが、これは本当に素晴らしかった!
薄暗い部屋を抜けると、急に自然の光がふりそそぐ大きな白い壁と床の空間が現れて、その真ん中にモネの睡蓮の絵がぼんやりと浮かび上がる。絵はそれ自体で素晴らしいものがたくさんあるけれど、その絵がどのように展示されているかということは、とても大きな要素。地中美術館のモネは、絵だけではなくて建物が一緒になって一つの作品だなぁと思った。

Langen Foundationは、地中美術館ほど素晴らしい建物ではないけれど、まわりの自然とひとつにして見てみると、面白い。
そして、すぐ近くの森のなかにある個性的な美術館 Museum Insel Hombroichとあわせて行くことをおススメします!Museum Insel Hombroichについては、次回・・・。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-06-10 05:38 | アート


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧