ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

初・子連れの長い夏休み・・・その条件とは?

夏休み。
想像しづらい国に行くのが好きな私としては、本当は中東とかアフリカとかに飛びたいところだが、我が家には1歳児、そして旅嫌い・飛行機嫌いの夫がいる。

ということで、我が家の夏休みの条件:
・息子が確実にぐずるので、飛行機なら直行便、2-3時間以内がベスト(夫はどこまでも車で行きたい・・・が)
・海でノンビリしたい夫
・でも文化的に面白そうな所に行きたい私
・1部屋しかないホテルだと、息子が寝入った後に過ごしにくかったり、お互い気になってうまく眠れなかったりする。
・食べ物がおいしい

などなど。
周りのドイツ人に圧倒的人気を誇るのが、スペイン・マヨルカ島。日本人にとってのハワイ的存在だろうか。とにかく行ったらドイツ人だらけらしい。
それもどうかねえ、、、と思っていたところ、たまたまドイツ人の友達が去年行ったイタリアのサルデーニャ島の話を聞いた。ちょうどイタリア人と結婚したドイツ人が住んでいるアパートがあるらしいということで、決定。
b0176220_575936.jpg


イタリアは、私にとっては小学生の頃3年間過ごした国。
サルデーニャ島も、家族で行ったということだけは覚えている。
サルデーニャ島は、今はイタリアでありながら、19世紀に統合される前までは、ずっと独自の王国・民族でやってきた場所なので、本土イタリアとも違う文化と言われている(日本の沖縄見たいな感じかなぁ)。

とにかく荒涼とした岩山と美しい海のコントラスト。
b0176220_5211351.jpg


ビーチも地元イタリア人だらけで、そこまで混んでない。
b0176220_5215134.jpg


なんだかのんびりした町の雰囲気。
b0176220_5223138.jpg


ドイツには皆無のアルデンテ・パスタ。

などなどエンジョイしました!

そして、やはり何となーくおおらかな人々。
店でコーヒーをこぼしても、タダで新しいコーヒーをいれてくれたり、スピード違反で捕まったのに逃してくれる警官(焦った・・・)、駐車時間が少しオーバーしてもその分チャージしない、とか。
いずれも、日本やドイツだと厳しくやられそうな気がするわ。

ただ、こうしたビーチ・リゾート的なところへ行くと、リゾート気分満々な旅行者と貧しい人々の差が、くっきりと見えてしまう。サルデーニャ島でも、やはりビーチにはアフリカ系や南アジア系と思われる人々が、延々と長いビーチを歩きながら、洋服やアクセサリー、偽ブランド商品などを売り歩いている。
1日何個売れるのか怪しいものなのに、強い日差しの中を歩き続ける人々。
b0176220_5272395.jpg


これで食べていけるのかなぁ、国に家族を置いてきているのかなぁ、どうしてイタリアに来たのかなぁ、などと砂に座りながら、つい考えてしまう。自分が旅行者という立場なだけに、どうも心苦しい。
もし、いいものがあるならば買ってもいいかなと思ったが、正直なかなか厳しい。
フェアトレードとつながるが、いいとも思っていないのに買うというのは、それはそれで正しくないように思えてしまうのだ。でも、もうちょっと真剣に見ても良かったかな、などと心がひっかかったりする。

旅行に出ると、こういう事も含めて、ハッとしたりヘ~と思ったり、色々な発見・思考がある。
そういえば1歳半のわが息子は、今回はとにかく初海体験。最初は海でフリーズしていたが、4日目に急にスイッチが入って海の中に入って楽しんでいた。
お疲れ様・・・・。
b0176220_5335456.jpg


いずれにせよ、小さな子連れの旅は、これまでの旅とは全く違う。
リラックスする時間はほとんどなく、息子の昼寝時間などもあるので、1日にできることはすごく限られる。
違う環境で寝つきが悪い息子に、夜中何度も起こされ、私たち夫婦はへろへろ。
そんなこんなもありながら、しかし息子の発見や成長も含め、楽しい思い出が沢山できました。
[PR]
by nakazawamlibra | 2016-09-25 01:07
魔の2歳児 >>


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧