ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

ドイツ・カトリック教会の児童性的虐待スキャンダル

今年の2月あたりから、ドイツではカトリック系学校での聖職者による児童への性的虐待のケースが次々と明るみに出ている。何十年も前のケースから始まり現在に至るまで、数多くの事件が発覚しているらしく、ドイツでは連日のようにこのニュースが報道されている。
教会というオブラートに包まれているがために、なかなか発覚しなかったのだろう。
うう、恐ろしい。
なんというか、聖職者=本当に真っ白な聖なる人間という図式は、そもそも信じていないけど、それにしたってヒドイ話だ。

同じようなタイミングで隣人がたまたま貸してくれたのが、「なぜ僕がPater Pierreを殺したのか」というドイツ語のコミック。
読み進めていくと、司祭に性的虐待された12歳の少年が、大人になってその過去を振り返り、30代後半で自分の気持ちに整理をつけるために、司祭を訪ねると言う、本当の話(その少年が自分で書いている自伝)。
コミックなのだけど、最後の方は司祭を訪ねるときの実際の写真も入り混じる、不思議なコミック。絵も日本のコミックにないシュールさ。
そして、子供の視点から全てが書かれているので、どうして性的虐待を受けてしまうことになったのか、そしてそれを誰にも言うことができなくなったのか、など心苦しいほどリアル。

このような経験によって、子供の後の人生全てが台無しになったり、大人になってからその心の傷の深さに直面したりする様子がよくわかる。
こういうことをする大人は病気としか言いようがないけれど、衝動的な欲望のために、子供の人生や時には命を台無しにするなんて、本当に許せないことだわ。
[PR]
by nakazawamlibra | 2010-05-26 06:15 | 暮らし全般
<< ああ美味、ドイツの全粒粉パン 子育てって、世界さまざま >>


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧