ドイツの暮らしとフェアトレード


日本でのフェアトレードの仕事を離れ、ドイツで子育て中!ドイツで過ごす日々やフェアトレードについてのブログです。
by nakazawamlibra

傷は男の勲章・・・なのか!?

数日前、リビングルームの小さな本棚の前でつかまり立ちをして遊んでいた息子。
その時、私は夕飯を作り、旦那はリビングの中を歩いているところだった。
突然「ウギャー!」という声がしたと思ったら、本棚の下にうずくまっていたので、旦那が抱っこした。
よーく見てみると、目のそばから血が!
眼の中から血が出てたら大変と一瞬焦ったが、どうやらつかまり立ちをしていたら、何かの拍子に滑ったようで、本棚のヘリにまぶたを打ち付けて切ってしまったようだった。
b0176220_5401952.jpg


幸い、傷はそんなに深くなく、消毒液で何回か止血したら止まった。
しかし旦那曰く、まぶたは繊細な皮膚らしく、傷が大人になるまで残ることもあると言う。
それを聞いて、私は何だか申し訳ない気分になってしまった。
いつも気をつけて見ているつもりだし、この時も旦那がリビングにいたので任せていたが、やはり誰かがそばで見ていたところで、この手のケガは完全に防ぐことなどできない。
机や棚の角は柔らかいカバーでガードしているものの、結局そういうところではなく、普通のヘリに打ちつけてしまうのだから、どうしようもない。

・・・と自分を言い聞かせていたら、旦那は嬉しそうに、
「いや~、ワンパクっぽくていいな!これで男らしくなったぞ。俺もまぶたに傷ほしかったんだよなあ」と言うではないか。
まぁ、確かに傷を作ることなく育つ人はいないだろうから、仕方ないにしても、喜ぶ話か・・!?
傷は男の勲章という言葉を耳にすることはあったけれど、男の勲章っていうほどまだ何もできない10か月児の傷だからねえ。

なるべくなら消えてほしい・・・と祈っている私。
しかし、その数日後、またもや顔から落ちて鼻の頭がずりむけてしまい、犬の鼻のようになっている息子であった。
きっと、こんなことの繰り返しなのでしょうね。
[PR]
by nakazawamlibra | 2009-10-24 05:50 | 子育て
<< 激安スーパーマーケットを斬る! スーパーおばあちゃん!!! >>


カテゴリ
全体
フェアトレード
エコロジー
子育て
暮らし全般
Health
アート
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
実をいうと日本人は性に対..
from 翻訳者の芸術的な日々
ドイツ映画「みえない雲」..
from 芸術的な日々
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧